Xジェンダーの未来

10代の頃、「自分は20歳まで生きれないのかな。」漠然と思っていた事を思い出しました。

その時の感情はアイデンティティ・クライシス(identitycrisis)に近い感情があったのでは無いかと思います。

自己喪失、自分は何者かと迷ったり自己を確立しにくい状態の事を言いますが(おおざっぱに要約しました。)

私は、特に家庭に問題があったかと言うと、過保護でも無く放任主義でも無い家庭で育った私は、いつも仮の身体を身に着けているような

自己が無いふわとした意識が常にあったのを覚えています。

その感覚はずっと忘れた事が無く、今でも鮮明に思い出すので、性自認と何か関係するのかと、Xジェンダーを知って

初めて意識しだしたのですが、何故なのかは分からないままです。(笑)

人間はまだまだ分からない事があるはずなのに、知っている知識の範囲で自分のジェンダーをどうやって受け入れるかが重要なんだと思います。

医療も日進月歩。将来解き明かされる事もあるのでしょう。10年後、20年後は、Xジェンダーや多様な性は、社会にどうやって認識されるのか

楽しみでもあります。

おすすめの記事