「女性が楽だから・・・。」

先日友達から、こんな質問がありました。「トランスジェンダーの人で、男性社会で生きてくのは大変だから女性になった人がいます。その理由で身体を変えているトランスジェンダーはみんなそんな感じなのでしょうか?」

答えは・・・・NO!!

びっくりして「そんな事はないよ!」とすぐさま否定しました。

”女性の身体になる”と言う事は、性別適合手術を受けるということで、身も心も男性から女性へと身体を変える事になります。

この話を聞いて思い出したのが‥‥私はXジェンダーの仲間と話題に登ったのが「社会的性差」と、「性自認」の意味が混乱している人が多くいるのでは無いか?と言う事でした。

この方は社会的性差、所謂、男性として生きてくのが辛い、女性として生きた方が楽‥‥と社会的役割を嫌っているように聴こえます。

しかし、身体を変える事自体、とても大変な事です。

その生き辛さを避けようとするのは何も性別は関係ないのでは?と思いますが、

果たして真意は何だったのでしょうか?‥‥。

一つ友人の言ってる事で納得した言葉があります。

「女性が楽だから女性になった。」と言う言葉に友人は「男尊女卑以外のなにものではない」と憤慨していました。笑

アバター

あおいろ

女で生まれるが、性別は良く分からない。(Xジェンダー) 性別、名前も変更なしで、半世紀生きてきました。 苦手な事は服を選ぶ事。人の名前が覚えられない事。秒殺で忘れる(笑) 好きな事、美術鑑賞、サイクリング、モノ作り。